濃いメイクは低刺激のクレンジング

デリケートな肌を持っている人ができるかぎり避けたいのは、クレンジングの際に敏感肌に対して過度なダメージを与えてしまうということです。 そのためには、可能なかぎりお肌への負担が控えられるナチュラルメイクを心掛けるということは非常に大切になってきます。

メイクが濃ければ濃いほど、クレンジングの際にお肌に与える影響も自然と大きくなってしまうからです。 しかし、たとえ敏感肌の大切であるという方であっても、デートの時やお呼ばれのパーティーシーンなど、ばっちりメイクをしたいというときはもちろんありますよね。

そのような時におすすめの対策として重宝するのが、オリーブオイルです。 メイクとは関係の無い存在のように思われがちですが、うまく活用することでクレンジングによるダメージを控えることができます。

濃いメイクをなるべく低刺激のクレンジングで落としたいという場合、クレンジングを始める前にコットンの上にオリーブオイルを染み込ませて1分間ほど目元や口元に当てましょう。

そうすると、メイクがなじんで汚れが落ちやすくなるのです。 顔のメイクとクレンジングがなじんだら、熱すぎないぬるま湯で丁寧にすすげば、OKです。